スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早朝に1m水槽の選別をしました。(追記)最近している作業です。

結果80匹ほど残りました。
此の水槽は主に現時点では結果が見えないこれからの変化を期待しての物が多く入っています。

選別した中には良く変化して来ているものがいたので紹介させて頂きます。

此の鯉は赤鼈甲にしか見えなかったものの中に何か有る様なものを残したこうして変化をして来ました。
尾止め辺りの緋が出れば最高なのですが?
DSC_0007_20121117101240.jpg
今年産にはこうして変化の大きいものが多く見られるのでどの雄の影響なのか?大凡の見当は付きますが公開は差し控えます。
DSC_0011_20121117101403.jpg
此のタイプは昨年度も良いものを中心に見られたタイプなのです。
緋は現在薄いですが心配はないと思われるタイプの様です。
DSC_0008_20121117101446.jpg
普通の駄鯉にしか見えない感じですがこうしたものの中に緋が剥けてくるタイプがいるので今年の選別も難しくなってしまいました。
此の鯉は尾止めが完全に切れていないので如何かと思いますが、様子を見る為に取っておいた「様子見鯉」です。
鯉の欠点は小さい内には無くなり解消する場合も有る様なので余り厳しく選別をしても良い鯉を捨ててしまう可能性も出て来るようです。
尾止めは悪くてもその際に尾鰭に緋が入っていない場合は取る事にしました。
此れも此の親の子の二歳立ての経験で得られた結果から学んだ事が大きいと思います。
DSC_0004_20121117102258.jpg

今日紹介させて頂いた鯉は14cm程度まで成長していて先が少し分る様になって来たもので飼育水温24℃~26℃と言う所です。

どれかの親のどこかでジンベイ系が入っている様で肌のギラギラと墨が凄いものが見られます。

鯉は選別の有り方で結果に差が出る様で、せっかくの親鯉を活かす為にも精進をして行きたいですね。
もっともこの結果が出るのはまた先になるので鯉から学びながら良い鯉を作って行きたいと思います。


(追記)
最近此の作業に追われています。
錦鯉の加温越冬飼育の為に来年4月いっぱいまで薪を焚き続けなければいけないので少し焦り気味です。
こういったものは今年使う物は前年に用意するのですが私の場合は自転車操業となっています。(笑)
木の伐採は今年の春に行っていたのですが取り込み作業をしていなかったのです。

画像の薪は木を割った状態ですがこれからの物は割る余裕が無いので運び易いサイズに切った物を運ぶだけなのですが結構大変な事になっています。

DSC_0016_20121117155129.jpg


にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【早朝に1m水槽の選別】

結果80匹ほど残りました。此の水槽は主に現時点では結果が見えないこれからの変化を期待しての物が多く

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デコデコ1950

Author:デコデコ1950
御三家系統鯉で自家産してます。
小3位から鯉好きな物好きです。趣味多く自称多才な団塊世代です。
ビッタで鯉友募集的出品中
プロフィール画像は山松昭和です。
カテゴリで記事を探して下さい。(整理中です。)
住所秋田県にかほ市
サブ山形県酒田市です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。