スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選別の経過報告!綺麗なのが多そうなのは間違い無さそうですが・・・・・(笑)

大きさを画像だけで実感して貰う為の画像です。(笑)
大き目と小さ目まで、参考の為に一網(50匹程度)から選抜した稚魚です。
大きい紅白で5cmちょい、小さい三毛で3,5cm?その位だと思います。
大体4~5センチが選別の中心サイズになっています。

孵化から調度一ヶ月経ち、稚魚池から選別用水槽で塩水浴などしている内に緋が大分揚がって来た様です。(笑)
餌止めの影響なのか、泥池より水温が低い水槽と言う環境でそうなったのか分りませんが、泥池でも緋が揚がって来る頃なので不思議な事では無いです。
体全体が緋で覆われている様にしか見えないものも、緋が切れて来るものも出て来る時期なので遅めでの選別でも迷うのは同じ様です。
DSC_1993.jpg

緋盤が薄い様に見えていたのに、ほんの数日の間に大きく変質していたのには、毎年の事とは言え内心驚いています。
心配していた墨質も此れなら良いものも出てくれそうな雰囲気をしている様です。
今は良くなりそうな質の物を拾っているだけで、確実に良くなると断言は出来ないのですが、数を飼う事で何かしら出てくれるだろうと期待しての自家産なのです。(笑)
頭の重いものもいますが、こんなのに綺麗なものも出るので少しですが採っています。(笑)

記事UPしてから気付きましたが、紅白に見えるものも画面を拡大して見ると底墨みたいなものが在ります。(驚) 
DSC_1985.jpg

※繁殖の組み合わせを2011年の段階に戻し、二世代三毛で近親交配(親子掛けと兄弟掛けMix)+毎年使う三毛雄(別系統)で保険を掛け、兎に角良い鯉を釣るのが目的の途中で思いがけず”良い感じ”なので、少し舞い上がっています。

系統鯉で繁殖した時にはバラバラに出ていた様に見えた質が、二世代目で質が少し纏って来た様に思います。
近親交配なので当たり前と言えば当たり前なのですが・・・・・此れからの飼育に集中して観察を続けたいと思います。

数十万匹も入れて稚魚を育てた時より、2万5千匹で採った今年の方が歩留まりが良さそうな雰囲気が有るのを、身を以て感じる事が出来た事は、此れからの飼育に好影響を与えてくれる事になりそうです。(実感!)


最後に選別前の画像です。
お玉も選別の終わり近くになると掬う網の中に増えて来ます。(笑)
トビ的に大きいものも終了近くに多くなり、「あっと驚くタメゴロウ」とは古いですがそんな感じになります。
大き目の赤棒は6センチを越えている様で、明日は仕事の都合で残ってしまった数千匹と思われる残魚を取り入れる事になります。


DSC_1966.jpg


にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

デコデコ1950

Author:デコデコ1950
御三家系統鯉で自家産してます。
小3位から鯉好きな物好きです。趣味多く自称多才な団塊世代です。
ビッタで鯉友募集的出品中
プロフィール画像は山松昭和です。
カテゴリで記事を探して下さい。(整理中です。)
住所秋田県にかほ市
サブ山形県酒田市です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。