スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月21日に人工分蜂した日本みつばちの群れの様子です。

人工分蜂の作業が一日遅れ親蜂に自然分蜂され、何とか捕獲はしたもののその日の内に逃亡されていたのです。

女王がいなくなった群れの未だ出て来ないでいる新女王蜂の王台の付いていた巣を切り取ってこの巣箱に人工分蜂させていたものです。

画像は人工分蜂から10日目の群れの様子です。

この方法は働きに出ている働き蜂から、新しい群れの構成員の中心になってもらうので、本家の巣の蜂より活動が活発に感じられます。

昨日辺りから花粉を運ぶ働き蜂の姿が少々ですが見られてきたので今朝内検をしたものです。

切り取った巣には子も少なく蜜も少ししかなかったので心配しましたが、自然に生きてきた彼らはたくましいですね、巣も重箱一段の下まで届くまでに巣を下げて来ています。

人工分蜂、一応成功と言う事で一件落着とさせてください。
DSC_0608_20120531072503.jpg

此方の画像は、切り取った巣の隙間に新しい巣を作り、既に子育てが始まっている様子です。
DSC_0612.jpg

朝の静かな世界に、内検の際、箱をずらしてしまい驚かしてしまいました。

巣の前に置いた蜜には目もくれず一生懸命に働いています。

蜜ではなく砂糖水なら良いのでしょうが、蜜に砂糖が混じるのは厳禁なので与えていないのです。

見てお分かりの通り、巣の材料は築数百年と言う家の古材で作っています。

板の厚さは厚いほど良い様に感じていますが真相は如何にです。

その古材を更に一年雨ざらしをさせて(と言うか外に放置)作ったものに、更に蜜蝋を塗り、良い場所に設置して、更に金稜辺を使うと100%とまでは行かなくても分蜂した群れが新居にしてくれる確立が上がるようですが、捕獲は難しく安定しないので、採蜜する群れと繁殖する群れの管理を分けて群れの維持と、採蜜の量の安定を図れればと新たな構想をしている所です。

会では鳥海山の自然の贈り物として、訪れる方に良質の日本みつばちの蜜を味わって頂こうと一同張り切って頑張っている所なのです。
DSC_0611.jpg



にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

デコデコ1950

Author:デコデコ1950
御三家系統鯉で自家産してます。
小3位から鯉好きな物好きです。趣味多く自称多才な団塊世代です。
ビッタで鯉友募集的出品中
プロフィール画像は山松昭和です。
カテゴリで記事を探して下さい。(整理中です。)
住所秋田県にかほ市
サブ山形県酒田市です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。