スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は2歩も3歩も足りない鯉ながら化けるかも鯉と、原種に近いとされる難を持つ鯉の紹介です。

以下2011年産三毛です。
墨が白地辺りにある様なので纏まり次第では化ける可能性も有る???墨は飼育時間経過する毎に纏まって来ているので諦めるには早い???かも。

池揚げから間もない頃の画像を整理して記事を書いているので、最近の画像と一緒に整理出来ればもっと分かり易く分析出来るのですが整理が得意でないのです。

今に近い画像見つければ後でUPしたいと思います。
DSC_0459.jpg


面被りでは有りませんがそう見える突っ込みの頭の鯉で原種の雰囲気のある鯉の様です。

尾鰭にも緋が流れている様に見えていますが緋模様と墨の重なりが少なく緋盤小さいながらも白地も広く面白い鯉になればと残した鯉のようですが、この鯉が今1軍にいるのかは今現在では不明です。

追加記事やはり此の鯉は今日薬浴した3軍にいました。
DSC_0466_20120131080521.jpg


これも突っ込みすぎで個人的には余り好まない型の鯉ですが、大きく入った背にかけての緋盤が印象的なのと、これも白地と隅の位置が面白そうなので残している鯉の様です。

体形は良くなるものが有るのと、頬と鰭は緋で汚していない様です。

DSC_0485.jpg


こんなタイプを残している理由は、白地の質が良くなりそうなのが多いからですが黒すぎますね。

DSC_0531_20120131081417.jpg


欠点を乗り越えるものを持っている様です。

小さいながらも頭の幅有る体形の良い鯉なのでそこそこ大きくなる質のようです。

有る方からのアドバイスで此の鯉のように小さめの物に良い物が出るので雑鯉の整理は早くするようにとの事でした。

此の鯉も小さめに揚がった鯉でも雑鯉との競争に負けた鯉なので、何度も書きますが選別のやり方と残り鯉には要注意ですね。

本人は選別して鯉の数を減らした積もりなので、当然餌も減らした結果残り鯉の雑鯉に食い負けしてしまったようです。

何回も書きますが幅20m長さ80m位の稚魚池長過ぎたようで此の辺りも私の実力では考慮する必要ありそうです。

DSC_0541.jpg


頭良いのですが後半の緋足りなく不明の鯉のようです。

緋の揚がりようと墨の決まりと位置関係と難関多い鯉ですが、何より体形が良くなりそうなので他少々こけてもそこそこ見栄えはする鯉と思っていますが分かりませんね。

DSC_0561.jpg


此のグループには小さいながら質の良い鯉が多いのです。

今更ながら選別の重要性が身に染みます。

DSC_0567_20120131082308.jpg


こう言う頭の鯉は緋の良い質の鯉が多いようです。

こういった鯉も幾らかは残して有ります。
DSC_0568.jpg


これ古いタイプに見える鯉ですが大きくすると見栄えがしそうな鯉です。

良く見ると良くなりそうな鯉で、こんなのが将来出世する鯉なのでしょうか???



DSC_0572.jpg


これも上の鯉と同じで何も決まっていない鯉ですがこれからの鯉の様です.

此の鯉今は大分良くなって来た鯉の様ですが、池揚げ時ではこんな鯉でした。

DSC_0573.jpg


にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

デコデコ1950

Author:デコデコ1950
御三家系統鯉で自家産してます。
小3位から鯉好きな物好きです。趣味多く自称多才な団塊世代です。
ビッタで鯉友募集的出品中
プロフィール画像は山松昭和です。
カテゴリで記事を探して下さい。(整理中です。)
住所秋田県にかほ市
サブ山形県酒田市です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。