スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三毛水槽飼育報告

一番小さい外部フイルターで綺麗に成ってきている水質の風呂桶水槽約200Lです。

餌は水が悪くなる位に与えていますが、多分ホテイアオイの生物浄化力の御蔭で、底が見えるくらいになってきました。

底に溜まっている黒いのが糞や餌の残りだと思いますが、バクテリアの御蔭で固まっている状態です。

これを吸い上げて、水の一部を交換して水槽の管理は終わりです。

フイルターは先日掃除をしたばかりなので今回は行ないません。
CIMG6504.jpg

今日の鯉の画像です。

雄、雌供に坂井の三毛で取った体長4,5センチです。

2枚目のが前回のときの物で、成長と変化の跡が分かると思います。

緋と墨が少し濃くなってきていて、口が切れていないかどうか前回は良く分からなかったのですが、今回のでは面被りの鯉だと言うことがはっきりとして来ていますが、口と頭の間にムラが有るのでもしかしたらこの部分では白地も出てくる可能性も残していると思われます。

もしかしたら面被りもそんなに酷い物ではない可能性も残しているようで選別の難しさが分かるようです。

体の緋が薄くてどうなのかと言う所が目立つのが気になるのが、雄の選定時点での一つの危惧だったので未だ分かりませんが、この雌親にかけるオスは緋のはっきりと燃え立つような厚く濃い緋質でないといけないようです。

予感が当ってしまったかのようで、第一候補の雄の体調を崩してしまい使えなくなったことは甚だ残念に思っています。

水槽の底では紅く見えるのですが、明るい所では白っぽく見えるのでこの辺りをどう判断すればいいのかも勉強になるようです。

多分この時点では残す対象とするのが無難?かな。
CIMG6506.jpg
CIMG6241.jpg

これも面被り見たいです。

墨も黒く出てきてどうなっていくのかこれも分かりませんね。

墨で「真っ黒黒助」の三毛になるのでしょうか?

今回の選別では、数が少ないので取り合えず白と赤を抜く選別をしようと思いますがあまり大きなもので、判断に迷うようなものがいた時には余っている池で飼って違いを確認します。
CIMG6508.jpg
CIMG6243.jpg

この3匹の中から良い物が出そうな雰囲気の鯉ですが、良い鯉は小さめなのが多いかな?6匹ではデータに成りませんが、一応の傾向として頭に入れて行きたいと思います。

今の所どう見ても赤鼈甲に見えていますね?

多分そうなのでしょう。

これも数が少ないので残す対象になると思います。

小さいのは捨てる宣言をしたばっかりなのに、朝令暮改成らぬいとも簡単な基本戦略の変更、どこかの親分に似ていませんかね?
CIMG6514.jpg
CIMG6245.jpg

我が家の敷地内野池のカルガモの親子です。

今日上流より下流に下がってきたものと思いますが、毎年恒例の行事になっていて私が知るようになっても40数年は同じ事を繰り返し続いている光景です。

合計で10匹の雛ですが後2匹ぐらいいても良いはずなのですが、孵化しなかったのか何かから食べられたのかは知る由も無いことです。

モリアオガエルと言いカルガモと言いカワセミと言い保護してきたつもりの野性動物たちが、今度の鯉飼育に当っては障害の何者でもない存在となってしまったのには、人間の都合で立場が危うくなることに対して同情は禁じえないものの、私にも都合があるのでどうするかは一つ工夫をして見たいと思っています。

例えばカワセミには、専用の池を用意して撥ね鯉を自由に食べてもらうと言うことをしようと思っていますが、それによって我が家の池がカワセミだらけになっても困るのですがまずはやってみます。

まずは私に気づいて池の対面に逃げていくカルガモの親子です。
CIMG6525.jpg
CIMG6527.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

デコデコ1950

Author:デコデコ1950
御三家系統鯉で自家産してます。
小3位から鯉好きな物好きです。趣味多く自称多才な団塊世代です。
ビッタで鯉友募集的出品中
プロフィール画像は山松昭和です。
カテゴリで記事を探して下さい。(整理中です。)
住所秋田県にかほ市
サブ山形県酒田市です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。