スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越冬池ダクチギロスと判定しました。

眠りの症状出たのをダクチギロスと判定しました。

肌も炎症を起こしているのでギロダクチルスも関係している可能性もあります。

他の病気も排除せずに、越冬飼育槽を急遽薬浴槽に準備して、越冬池の水の交換を兼ねながら水を落として調子の悪い鯉を3匹薬浴槽に移しました。

案の定片鰓開かないのと、肌が赤くなっている部分があるので間違いはないと思いますが一応その処置を施しておきました。

温度を治療にあった水温まで上げる間に、過マンガン酸カリウム2g/tの薬浴をしましたが、良いか悪いかはさっぱり分かりませんが、体力ある内に濃い塩水浴を思い切って施すかもしれません。

冷水魚の稚魚にはこの時期に鰓病が付くのです。鯉と同じのかは分かりません。・・・・確認したらダクチギロスで間違いありません。カリムナリスならもっと高水温での発生となるそうなのです。
良い治療方法があったら是非コメントお願いいたします。

水を落としたついでに、全部の鯉をチェックしましたがOKということにしました。

坂井の三毛墨が不足あだったのですが、まだ出てくる様子があるので楽しみになりました。

下の画像が放流前の画像です。
137515650_1坂井産 2007年産大正三色 63センチ ♀

現在の画像です。
左の肩口に池揚げの時より一段と出ているようですがまとまるかどうかはこれからのお楽しみです。
緋盤は薄くて飛ぶのではと心配しましたが、そんなことも無く色揚げも仕上げも何もしないのに鮮やかな明るい緋質で、63センチが70センチになってくれ体形も骨格も野池飼育で大変身を遂げた鯉です。

緋食いなどがあるので手に入れられた鯉ですが、質の見極めの経験を積む教材鯉として大事にジャンボにしていきます。


CIMG2574.jpg

泥が溜まっていて水位を落として泥の排除中です。
やはり環境は大事で、一度水が止まり池が凍ってしまい水温も3℃を割ったことが一度あるので心配していましたが、やはりストレスは万病の元ということになりますか?

CIMG2600.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

デコデコ1950

Author:デコデコ1950
御三家系統鯉で自家産してます。
小3位から鯉好きな物好きです。趣味多く自称多才な団塊世代です。
ビッタで鯉友募集的出品中
プロフィール画像は山松昭和です。
カテゴリで記事を探して下さい。(整理中です。)
住所秋田県にかほ市
サブ山形県酒田市です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。