スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野池入れも近付き預かりの鯉の提示をさせて頂きます。 4匹追加しました。


中々成績が上がらずご迷惑をお掛けしている野池飼育ですが、その保障用に提示させて頂く鯉のリストが出来ましたので宜しくお願い致します。

二歳に付いては、昨年野池で伸ばしきれなかったので、今年の預かり飼育料は無料にてお受けさせて頂きます。
三歳を希望される方で野池預かりを希望される方は餌代協力金として5千円のご負担をお願い致します。

二歳、三歳共にこのまま配達を希望される方には着払いでお送りさせて頂きます。
荷物の発送は当地の気候と鯉の体調を考慮させて頂きますので今月下旬から5月中を予定しています。

なお勝手ながらメールの復旧が出来ていないので連絡は此のぶろぐ内でさせて頂きたいと思います。
ご不便をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

不明な点にはなるべくお応えしたいと思いますので宜しくお願い致します。


二歳 1 雌雄不明 質良く、当歳時に有った墨が引いた跡に有る底墨が出てくれば面白い鯉に・・・・・。 
DSC_1261.jpg

二歳 2 雌雄不明 緋際の纏まりが未だの鯉ですが幅の有る体形は面白い鯉と思います。
DSC_1233.jpg
上の鯉の画像が良くないので以前記事にした時の画像を追加しました。
SSC_0682.jpg


二歳 3雌雄不明 鼻突きながら厚く紅い緋質で、成長と共に墨が纏まって来ると、緋盤、白地、墨のバランスの取れた鯉になると思って残した鯉です。
DSC_1313_201404032027215e2.jpg

二歳 4雌雄不明 雌の質なのか緋の揚がりが遅い様です。墨の出には自信が持てませんが出てくれれば面白いと思います。
成長性優先基準で採用した鯉です。
DSC_1287.jpg

二歳 5雌雄不明 今はこんな鯉ですが質が良いので纏まって来れば凄く面白い鯉と思います。 
DSC_1299.jpg

二歳 6雌雄不明 雄?の感じがします。それだけ綺麗な鯉です。模様は良くないですが輝く様な綺麗な鯉になれそうな質をしているので敢えて紹介させて頂いています。
DSC_1291.jpg
DSC_1292.jpg


二歳 7雌雄不明 此の鯉も鼻突きながら緋盤、墨、肌質が良い鯉です。しっかりとした纏まりを感じさせてくれる鯉だと思います。
此の「しっかりとした感じ」を感じさせてくれる鯉、立鯉を選ぶ際此の感覚は非常に大切な要素だと思っています。
DSC_1224.jpg

二歳 8雌雄不明 パターンが良い鯉で私の所の鯉にしては珍しいと鯉と思います。
墨の纏まりに一抹の不安を持ちつつ、此のパターンに免じて立てる予定の鯉です。
「しっかりとした感じ」と言う感覚は此の鯉の上の画像の鯉と此の鯉を比較して貰えば分かり易いと思います。
DSC_1252.jpg

追加二歳 9 雌雄不明 尾びれ前側面の脱鱗が気になるので11と共に池揚げの結果での判断となります。  
DSC_0827_20140330222945551.jpg
二歳 9 の当歳時の画像です。
墨は有ったんです。手持ちで良い鯉が少ないので出させて頂きます。
DSC_0904_201403172044576c6.jpg





追加二歳 10 雌雄不明 完品ながら少し小さいので池揚げの結果を見て判断させて頂きます。
でも良くなってくれる鯉の多くは此のサイズから出て来てくれます。 
DSC_0932_20140330222948c24.jpg

追加二歳 11 雌雄不明 追加での提示になりました。
右腹ビレ付近と尾びれ前側面の脱鱗がケロイドにならないか不明だったので、池揚げの結果を見てから保障用になれるか判断する事にしました。
DSC_0945_20140330222949d13.jpg

DSC_0603_2014032321435206c.jpg

三歳 1 雌? 良い鯉ですが三歳にしては少し小さいです。もしかしたら品評会用に?と育てて来た鯉ですが保障用に提示させて頂きます。
昨年の秋に課題だった緋の揚がりが良くなって来ているようで綺麗になったと思います。
大きくはならないと思いますが雌のようなのでこれからの成長に期待して飼育をして下さい。
DSC_1181.jpg
三歳 2 雌雄不明 参考提示の鯉です。多分雄?未だ不明で昨年雄と思った鯉が今年の判定では雌になっている所を見ると未だに雌雄不明と判断せざるを得ない未熟な鯉師です。 
此の親鯉は腹もポッチャリとした雌体形では無く、手鰭も雄の様に大きい雄体形をしているせいなのか、子供達に現れる性徴も判別が難しいです。
最初から雌と分かるような体形の鯉はその後の成長が意外と遅い感じも受けているので、当歳時にはあまり気にしないで鯉を選ぶようになりました。
DSC_1116.jpg

三歳 3 雄?と思っていた昭和ですが今日雌雄の判定をした所「雄?」「雌?」となった鯉です。
今はこうして緋が揚がって来てくれましたが、当歳時には全くのオレンジ色をした鯉だった記憶が有る鯉です。
模様は単純で白地が少ない近代的な昭和では有りませんが、野武士のような豪快な墨質が気に入って残している鯉です。
関口のメスに大日の雄を掛けて作りました。
墨が強いので紅白の雌にでも掛けて自家産昭和を作ろうかと考えている鯉ですが、保障用の持ち駒が少ないので提示させて頂きました。
此の時使った大日の雄の血を濃く受け継いでいると感じさせる質をしています。
DSC_1136.jpg
模様は良く有りませんが質はいいようです。
DSC_1147.jpg


追加の三歳 4 の当歳時の画像
DSC_0087_2014033019392297e.jpg
三歳 4 越冬前の画像だと思います。
DSC_0977_20140328212304e6b.jpg

三歳 5 模様がこんな鯉なので参考提示です。
綺麗だと模様に関係なく残して育ててしまいます。2011年は特にそんな傾向が強かったと思います。
DSC_1208_20140405172604af0.jpg

三歳 6 頭の模様以外は良い鯉です。
墨も下半身から決まって来ている様です。
DSC_1082_201404052114134cf.jpg

以下参考提示の三歳です。今私の自家産の鯉で一番のお気に入りの三毛で今日の判定で雌確定とされた鯉です。
ぱらついた緋際、オレンジだった緋色と良くない鯉でしたが、白く輝く肌の魅力と墨質だけで今まで立てられて来た鯉です。
やっと緋色も揚がり始め緋際もこれから良くなるものと期待してはいますがこのままでも充分ではと思っています。
当自家産三毛の魅力をお分かり頂きたくて何度も出させて頂いています。

此の画像は今日の撮影で、最低水温1度と言う過酷な環境を生き残った鯉なのです。
したがって何も仕上がってはいませんが自然に綺麗になって来る姿を見る事が出来て嬉しくなります。

鯉は肌が基本と言う事を教えてくれた鯉達です。
DSC_1097_20140403190717c0f.jpg
DSC_1105_201404032037051ff.jpg

 此れも頭以外は・・・シミ二つ有ったのですが一つは消えていました。
DSC_1158_20140405171515426.jpg


何度も出させて頂いている三歳の自家産三毛です。
此の鯉も今日の撮影で、水温も若干の加温で9度となり少し活発に動き始めていました。
緋盤が明るく抜けて揚がってくれればと言う鯉で、少し難しい所も感じられますが鯉の筋を信じて楽しみに飼育している鯉です。
こんな感じの鯉も提示出来れば良いのですが此の鯉を含めて数本は残してその将来を見てみたいと思っています。
DSC_1094.jpg
DSC_1091_201404031913081d1.jpg

二歳ですが左頬被りなので良い質の鯉ながら提示は見送った鯉です。
それ以外は素晴らしい鯉に育つ要素が詰っている鯉だと思いますが、こんな鯉は近年に於いては中々認めて貰えない様なので「MAY KOI」として三歳立てをします。
ご希望が有れば喜んでお出し致しますが・・・・・(笑)
DSC_1240.jpg

山形は成澤産の銀松葉三歳(明け四歳雌)です。
鱗は大分纏まって来てくれましたが、頭が抜けてしまいました。怪我では無いようです。
雪国の冷たい綺麗な水での飼育は錦鯉を締めて綺麗にしてくれる様で、此の鯉も室内の越冬にも関わらず、1度の過酷な水温の中で長くいた割には綺麗になってくれていました。
昨年秋に飛び出て瀕死の状態になった此の鯉を数時間も掛けて救命措置をした結果最初の自呼吸をしてくれた時の感動を思い出します。
ブルーの体色が何んとも言え無い魅力が銀松葉には感じられます。
DSC_1130_20140403184850822.jpg

G県H様預かりの白写りです。関口×大日の昭和出の三歳で鯉友的預かり飼育として格安の預かりながら無事に三歳を迎える事が出来ました。
今日の判定では100%ではないものの雌?と判断させて頂きました。
今まで無かったのですが右の目が少し赤くなっていた物の此の模様は当歳時と殆ど変わらないと言う質をしている鯉です。
白写りで唯一立てられた鯉です。
DSC_1197_20140403185647af5.jpg
DSC_1201_20140403185850778.jpg

H県K様預かりの紅白です。
此の鯉の画像は昨年の秋のもので今はもう少し綺麗になっていると思います。
下の丹頂は昨年揚がらなかった鯉の代わりに指名して頂いた丹頂で、当歳時は墨が有ったものの今は引けていて再び出てくる良質の墨に期待の一本です。
丹頂の条件の一つで有る肌質は抜群に良いので今年の池揚げに期待です。

ただもう一本保障用にして頂いた変わり鯉は落としてしまったのでどれか選んで頂ければと思います。
DSC_0953_201403302358124eb.jpg
DSC_1274.jpg

Y県T様預かりの三毛三歳です。今年品評会にデビューするかも?
DSC_0393_2014032321021044e.jpg


F県S様預かりの白鼈甲二歳です。
昨年揚がらなかった鯉の代わりに野池飼育をして揚がった白鼈甲です。
下は残念ながら上がらなかった三毛です。揚がっていれば可也の鯉となっていたはずなので、私自身悔しい思いをした鯉でも有ります。
DSC_0562_201403302357399b9.jpg
DSC_0906_20140331001655597.jpg

H県I様
T県K様は三本立てて頂いたにも拘らず一本も揚がらず申し訳有りません。
なおまことに勝手ながら今回の鯉にお気に召すものがいなかった場合には無理にご指定頂かずに秋の結果をお待ち頂き当歳から三歳までの鯉を選んで対処させて頂ければ有り難いと思います。良い鯉をお出しさせて頂きますので宜しくお願い致します。



にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

野池飼育鯉大正三毛3

間の広い三毛で緋と墨が少しづつ纏まって来ている様です。
雰囲気が他のものと少し違う様で、丸天に纏まって良かったです。
この先どう変化するのでしょう。
上の画像と下の画像約1ヶ月経過です。
DSC_0201_20120308214737.jpg
DSC_0287.jpg


今回は小さ目でどうだろうかな?という鯉です。
緋が小さな鯉を見ていますがこんな感じのものが好みのようです。
DSC_0186_20120308223207.jpg

DSC_0320_20120308215947.jpg

頭の出が後退気味ですがこんなのも嫌いではない様です。

DSC_0344_20120308220247.jpg


にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

こんな足りない様に見える鯉を残して確認したい事編の1

以前確か近代大正三毛考と題して「白地に遊ぶ」と紹介したお気に入りの大正三毛です。

私が此の鯉を残す第一理由、ジャンボ質と体形とと白地の質が挙げられるようです。

墨については未定なものの欲を言えば後半の重ねでしょうか?逆に言えば此処の緋と墨と白地がどうなるのか楽しみな鯉でも有るようです。

こう言う鯉を金額にも拠ると思いますが、お金を出して求める事は自家産をやる前までは考えられなかったと思います。

数だけは色々なタイプを持てる様になって鯉を見る眼に余裕が出て来たのが理由の様で、こんな鯉にも「何か面白いぞ」という「見果てぬ希望」を持つ事になって来ている様です。

頼みの綱は緋が仕上がって来る事で今は足りない様に見えるのが却って他の要素とのバランスが良くなってくれる事ですが、後は墨の出方次第の鯉でこれはこれで面白い鯉では無いかと残したのですが?????なのです。

緋も墨も重要なポイントですが、その前に有る条件それを表現する「絵画」で言う所のキャンパスつまり体と白地が良くて活きて来るのが此の場合は墨と緋と思うのです。

どのように揚がるのか非常に楽しみにしている現在駄鯉の1本です。(笑い)
DSC_0162.jpg
以下同様な鯉が続きます。
DSC_0091_20120308035328.jpg
DSC_0121_20120308040441.jpg
DSC_0142_20120308040835.jpg

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

野池預かり飼育鯉候補。昭和三色

2011年当場産昭和三毛 関口産雌×大日産雄で産出 野性味の強い豪快な昭和になりそうです。
今回記録を兼ねて登録しました。
2012年野池飼育鯉です。

NO 2011-s-001
DSC_0375_20120306184547.jpg

NO2011-s-002
DSC_0379.jpg
NO2011-s-003
DSC_0383_20120306184842.jpg
NO2011-s-004
DSC_0389.jpg
NO2011-s-5
DSC_0391.jpg
NO2011-s-6
DSC_0400_20120306185129.jpg
NO2011-s-7
DSC_0421.jpg

DSC_0023_20120308084215.jpg
DSC_0103_20120308084242.jpg
DSC_0117.jpg
DSC_0784.jpg
DSC_0932.jpg

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

オークション出品野池飼育鯉一覧

DSC_0197.jpg

DSC_0157_20120205060051.jpg
DSC_0200_20120205060506.jpg
DSC_0135_20120205055816.jpg
DSC_0005_20120213163010.jpg
DSC_0082.jpg
162274182_1_20120128073738.jpg
162274245_1_20120306132947.jpg
DSC_0004_20120306133043.jpg
DSC_0019.jpg
DSC_0172.jpg
DSC_0065.jpg
DSC_0066_20120306172142.jpg


にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

デコデコ1950

Author:デコデコ1950
御三家系統鯉で自家産してます。
小3位から鯉好きな物好きです。趣味多く自称多才な団塊世代です。
ビッタで鯉友募集的出品中
プロフィール画像は山松昭和です。
カテゴリで記事を探して下さい。(整理中です。)
住所秋田県にかほ市
サブ山形県酒田市です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。